2012年12月01日

不思議なキー(1) [PrintScreen(PrtSc)/SysRq]

 日本中のキーボードの中で、もっとも清潔で綺麗なキー、それが[PrintScreen(PrtSc)/SysRq][ScroolLock][Pause/Break]。右上方面にあるキーです。なぜ綺麗なのか・・・使われることがないから。

 で、いつ使うのかというと、おそらく、一生涯、使うチャンスはないと思われます。要するに存在価値ゼロ。かわいそうなキーなんです。でも、便利そうな機能を持ったキーもあるので、それぞれの役割を知っておきましょう。

<[PrintScreen(PrtSc)/SysRq]>
 Windowsの画面をキャプチャーする。つまり画面をそのまま画像データとして保存します。キーの押し方によって、キャプチャーされる対象が変わるのが特徴。[PrintScreen(PrtSc)/SysRq]だけを押せば画面全体、[Alt]と同時に押せばアクティブなウィンドウだけをキャプチャーします。


 キャプチャーすると、いったんクリップボード(パソコンのメモリ上のボード)に転送。あとは「ペイント」などのお絵かきソフトを起動して[貼り付け]コマンドを実行します。するとキャプチャー画像が貼り付けられるので、そのまま印刷するか、あるいはファイル名を付けて保存します。

posted by sankiyou at 00:40| Comment(0) | キーボード

2012年12月02日

不思議なキー(2) [ScroolLock]

[ScrollLock]も、ほとんど存在価値がありません。なぜなら、このキーに役割を持たせたソフトウエアがほとんど存在しないから。

 まるで、いつもカミさんに「この役立たずッ!」と罵声を浴びせられている長屋の八っつぁん、熊さんのようなキー。でも八っつぁん、熊さんとは異なり、誰にもかまってもらえないから、実にさびしい。

<[ScroolLock]>
 スクロール機能をロックする。Excelの「ワークシートの選択セルを移動しない」機能が割り当てられていることは有名です。[ScrollLock]をオンの状態にし、矢印キーや[PageUp]、あるいは[PageDown]を押すと、選択したセルを移動しないで画面スクロールします。もちろん、オフにすれば元に戻ります。マウス操作がしにくいノートパソコン使用時には便利かも。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | キーボード

2012年12月03日

不思議なキー(3) [Pause/Break]

 お飾り的存在の筆頭ともいえるキー、それが[Pause/Break]。でもMS-DOS時代には、なくてはならない重要なキーでした。

<[Pause/Break]>
 一時停止。たとえばハードディスク内のファイル一覧を表示させる際には「dir」というコマンドを使用しますが、ファイル表示はアッというまに画面の下から上に流れ去ってしまうので[Pause/Break]を押して画面表示をいったんストップ、[Space]を押して画面表示を再開・・・などという使い方をしました。WindowsのMS-DOSモードでの利用も可能です。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | キーボード

2012年12月04日

【004】入力したURLをスマートに修正

 キーボードから入力したURLが間違っていた場合、ミスしたアドレスを消し去って、再度、雨だれ入力をする必要はありません。一部を修正する場合、[←]や[→]で修正箇所を渡り歩くクセがついてしまっていますが、 [Ctrl]を参加させるだけで楽々修正が可能です。

<「http://www.abc.ne.jp/~abc-abc_abc/index.html」の修正>

 文字列の最後尾をマウスクリックし、カーソルが点滅したら[Ctrl]+[←]を押す。するとカーソルは「html」の先頭に。ふたたび同様の操作をすると「index」の後に、さらに「index」の前に・・・というように、文字の区切りごとにジャンプすることができます。IEだけでなく、ワードなどでも可能。

[Ctrl]+[←]のように、複数のキーの組み合わせで特定の操作をさせることが「ショートカット」。で、組み合わせのキーのことを「ショートカットキー」。雨だれ入力派には、ショートカットキーは強〜い味方です。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | キーボード

パソコンの単位(5) 色数もビットで換算

 ディスプレイ上で表現可能な色数も「設定したビット数」によって決定されます。つまり、「1つの画素」に「何ビットの情報」をもたせるかという設定です。

 たとえば8ビットなら「256色」、16ビットなら「6万5536色」、24ビットなら「約1677万色」といった具合。パソコンによって表現が異なりますが、一般に「256色」「High Color(16ビット)」「True Color(32ビット)」などを選択できるようになっているはずです。

 お使いのパソコンの設定がどうなっているかを確認するには、以下の操作をします。

<表示色の確認>
1.[マイコンピュータ]→[コントロールパネル]→[画面]の順でダブルクリック。
 ※[画面のプロパティ]が表示されます。
2.[設定]タブをクリック。
3.[画面の色]欄を確認。

 ディスプレイの何も表示されていないところでマウスの右クリック。メニューから[プロパティ]を選択しても[画面のプロパティ]を表示させることができます。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | パソコンの単位