2013年05月01日

ボケ防止大作戦(13) 『難読漢字』で「読み」「書き」に強くなろう

 漢字の「読み」は比較的簡単だけれど「書き」はね・・・と思っていたら、なんのなんの、簡単な漢字が2つ並んだだけの単語なのに、読めなかったり読み間違えたり、結構、散々な結果になるから漢字は侮れません。

 というわけで、好きなときに漢字の「読み」「書き」テストが出来る教養ソフト『難読漢字』(フリーソフト)を使って脳ミソを鍛えましょう。

 ソフトに同梱の「readme.txt」は、『難解漢字』の特徴を以下のように紹介しています。

・難読漢字を初級、中級、上級、弩級の難易度別に計400題標準収録(追加問題集も公開中)。
・漢字の“閲覧”“読み”“書き”の3モードを用意。
・一問一答形式でいつでも終了できるため、好きな時に好きな量だけ取り組める。
・複数の読み方ができる漢字にも対応(3つまで)。
・答えだけでなく、意味や補足などの説明も確認できる。
・「辞書ボタン」でインターネット辞書に一発アクセスできる。
・問題ごとにチェックをつけ、後でチェックをつけた問題のみの出題も可能。
・まだ一度も回答していない問題や間違えている問題のみの出題も可能。
・問題の出題数の設定、出題順のソートが可能。
・公開中のソフト「難読漢字エディタ」を使用して問題集の作成・編集が可能。
・順次公開予定の追加問題をダウンロードできる。

『難読漢字』

http://yush.jp/software/

152-01_難読漢字.jpg 
スタート画面。「級」を選択します。「初級」とはいえ、間違えて覚えている「読み」もあるから、要注意。

152-02_難読漢字.jpg 
問題開始の前に、各種設定を行なっておきます。

152-03_難読漢字.jpg 
▲「
読み」の初級です。ひらがなを入力して[OK]ボタンをクリックすると結果が出ます。

152-05_難読漢字.jpg 
「書き」の初級です。文字入力ではなく、筆記具で紙などに書いたあと、[OK]ボタンをクリック。正解なた[正解]ボタン、槽でない場合は[不正解]ボタンをクリックします。ちょっとアナログ。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | ボケ防止大作戦

2013年05月02日

ボケ防止大作戦(14) マウス大活躍『おとなのための「書いて覚える漢字がくしゅう」ソフト』

 漢字の「読み」を学習するソフトは多いのですが、「書き」となると極端に少ないのが現状。ところが漢字書き取りソフト『おとなのための「書いて覚える漢字がくしゅう」ソフト』(フリーソフト)は、マウスのドラッグで漢字を書くことによって「書き取り」を実現しています。

 ソフト起動で「書き取り」開始。出題される問題の解答は、マウスドラッグで解答欄(白板)に描いていきます。その際、「ノドまで出かかっとるんやけどな」とか「アカン、最初の文字をド忘れしてしもた」といった場合、ヒントを見ることができるからうれしい限り。

 右上にあるスライドバーをゆっくりスライドしていくと、モザイクがかけられた漢字が徐々に出現してきます。おおよその姿カタチが判れば、脳内深くに仕舞われたままの漢字が、誘われるように脳内スクリーンに投影されるはずです。

 正誤判定ですが、ソフトは行なってはくれず、自分でやります。[見る]ボタンをクリックすると正解の漢字が表示されるので、マウスで描いた漢字と見くらべ、正しかったときは[○]ボタン、間違っていたときは[×]ボタンをクリック。要するに自己採点です。

[×]だった漢字は「繰り返し出力」の対象になるから、学習効果はバツグン。さらに[辞書]ボタンをクリックすると、インターネットエクスプローラが起動し、自動的に「goo辞書」にリンクして「問題の漢字」の意味が表示されるはずなのですが、どうも調子が悪い。うまくジャンプしてくれませんでした。

『おとなのための「書いて覚える漢字がくしゅう」ソフト』
http://www.vector.co.jp/soft/win95/edu/se359963.html?ds

153-01_おとなの.jpg 
起動画面。すぐに「書き取り」問題がスタートです。マウスをドラッグし、解答欄に漢字を描きます。綺麗な文字でなくてもOK。正誤判定を自分でするからです。

15302_
スライドバーを右側にスライドしていくと、徐々にモザイクが晴れ、やがて解答の漢字が表示されます。モザイクがかかった状態でも、その姿カタチから記憶が呼び出されてくるので、実に良く出来たヒント機能です。

153-03_おとなの.jpg 
[見る]ボタンをクリックして正誤判定。判定プログラムは仕組まれていないので、「正解の漢字」と「マウスで描いた漢字」を見くらべ、正しかったときは[○]、間違ったときは[×]のいずれかのボタンをクリックします。クリックと同時に、次の問題が表示されます。

153-04_おとなの.jpg 
[ここ20問]ボタンをクリックすると、直前までの20問の正誤表が表示されます。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | ボケ防止大作戦

2013年05月03日

ボケ防止大作戦(15) 麻雀の基礎をお勉強@ 『初心者の為の麻雀教室』

 街中に麻雀屋があったのは昔の話し。ときどきジャラジャラと聞こえてくるのは、住人の高齢化著しい団地の集会所ぐらいなものになってしまいました。だから若人に「徹マンしようぜ」と誘っても「鉄万? 鉄腕じゃないの?」となるのがオチ。

 あの熱気と興奮、紫煙に包まれチーポンカン、「えぃ、これ通せ」「通さん、ロン!」で親のハネ満。義理も人情もない世界、守るも攻めるもただ独り、ハコ天こそが人生だ・・・などと突っ張らなくてもいいのですが、麻雀は実に楽しい。

 そんな楽しさを味わうために、とりあえず麻雀のルールを勉強しておきましょう。Webサイト『初心者の為の麻雀教室』は、その名のとおり初心者を対象にした麻雀教室。

今からでも遅くない。ボケ防止とお楽しみを兼ねて勉強しましょ。

『初心者の為の麻雀教室』
http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Miyuki/2134/

154-01_majan_1.jpg 
トップページ。「これからボラれそうな」とあるから愉快。

154-02_majan_1.jpg 
初歩の初歩からだから、まったく麻雀を知らなくても大丈夫。ご存知の方は確認から。

154-03_majan_1.jpg 
基準点についての解説。麻雀用語は中国語風なので戸惑ってしまうかもしれませんが、漢字の意味が分かればすぐに覚えられます。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | ボケ防止大作戦

2013年05月04日

ボケ防止大作戦(16) 麻雀の基礎をお勉強A 『麻雀ルールと役の解説 初心者のための麻雀講座 黄金牌を巡る物語』

 昨日に続き、初心者のための麻雀講座のご案内。

 Webサイト『麻雀ルールと役の解説 初心者のための麻雀講座 黄金牌を巡る物語』は、「麻雀牌をつまんだこともないし、じっと見つめたこともない、どちらかというと避けて生きてきた」という超初心者から、「ゲームは出来るけれど、点数は数えられないから歯がゆい」という中級者、はたまた「麻雀ひと筋ン十年、やってもやっても上手くならない」という上級者まで、みんな来い来いのサイトです。

<コンテンツ>
 麻雀入門 〜麻雀はじめよう!〜/麻雀用語と基礎知識/〜初心者のための〜 点数計算/麻雀役を覚える講座/麻雀戦術 〜勝つための麻雀講座〜/世界最萌オンライン麻雀ゲーム!(※)

 (※)最後の「世界最萌オンライン麻雀ゲーム!」は、別サイト『萌え麻雀 桃色大戦ぱいろん』にジャンプします。登録(無料)することによって麻雀ゲームが出来るようになります。基本は無料ですが、「萌え」「桃色」に親近感が湧かない方は遠慮しておきましょう。

 いずれのコンテンツも、プリントアウトしておけば、麻雀「虎の巻」として重宝するはずです。

『麻雀ルールと役の解説 初心者のための麻雀講座 黄金牌を巡る物語』
http://www2.odn.ne.jp/~cbm15900/

155-01_shoshin_majan.jpg 
トップページ。初心者の方は[麻雀入門 〜麻雀はじめよう!]。中級レベル以上の方は[/麻雀戦術 〜勝つための麻雀講座〜]がおすすめ。

155-02_shoshin_majan.jpg 
▲入
門講座の内容です。会話形式で話が進んでいくので、とてもわかりやすい。

155-03_shoshin_majan.jpg 
点数計算も重要なルール。ゲームは出来るけれど、計算がちょっと・・・という方は、ここで徹底的に勉強しておきましょう。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | ボケ防止大作戦

2013年05月05日

ボケ防止大作戦(17)  いつでも雀荘気分『3D麻雀悠遊』

 いよいよ麻雀の実践です。4人で卓を囲む前に、パソコンの麻雀ゲームで遊んでみましょう。

 おすすめの麻雀ゲームソフトは『3D麻雀悠遊』(フリーソフト)。3Dだから麻雀卓は超リアルの超ド迫力。しかもサウンド付き。卓に牌を捨てる音に加え、「チー」「ポン」「リーチ」「ロン」などの音声も発せられるので、まるで雀荘にいる気分です。

 お相手してくれるジャン師は、あらかじめ設定されている12人の「打ち筋」の異なる方々。対戦相手を3人決定したら対局開始です。

 すべての操作はマウスで可能なので、面倒な操作方法を覚える必要はありません。下方に[チー][ポン][カン][リーチ][和了][流局]の6種類の専用ボタンがあり、「チー」や「ポン」などができる局面の場合は、捨牌が点滅して該当するボタンが点灯するようになっているので、見逃すことはありません。

 もちろん、ゲーム進行のスピードは調節可能。茶菓子でもつまみながら、手の内を探りあうのも一興です。

『3D麻雀悠遊』
http://yuyukukan.com/

156-01_3D麻雀.jpg 
ゲーム開始直後の画面。「PLAYER」の牌がオープンされています。[矢印]キー=視点移動、[Z]キー=ズームイン、[X]キー=ズームアウト、[SPACE]キー=元に戻す。

156-02_3D麻雀.jpg 
ゲーム開始で対戦相手を選びます。「攻撃を優先するタイプ」などの特徴が表示されているので、それを参考に選択します。[ランダム]ボタンをクリックすれば、パソコンが自動選択します。

156-03_3D麻雀.jpg 
[オプション]→[ルール設定]で基本ルールを変更することができます。麻雀のルールは、地域職域などによってさまざまなので、この機能は便利です。初期値は、もっとも一般的なルールです。

156-04_3D麻雀.jpg 
[オプション]→[対局成績]で戦跡を確認することができます。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | ボケ防止大作戦