2013年02月07日

ブログの話題(1) 『kizasi.jp』で表現に磨きをかける

 書き手と読み手が双方向でやり取りすることが出来るブログは、「時間」も「場所」も超越した現代版井戸端会議。ナイーブな中高年にとって心情を吐露できるのは机上の日記帳くらいだと思っていたのですが、時代は変わりました。

 でも、打てば響くはずのブログも、打っても打っても響きが少ないときがあり、せっかくの意気込みが空振りに終わってしまうことがあるから気が抜けません。

 思わず読みたくなってしまうブログは、なにはさておき「ブログタイトル」がキラリと光っていることが肝心。せっかく内容が傑作なのに、入り口の段階で「読む」「読まない」が決まってしまうから、ときにはセンセーショナル、ときにはオトボケといった「強く興味を惹きつけるタイトル」が必要となってきます。

 そこで重宝するのがWebサイト『kizasi.jp』。ネット中のあらゆるブログを解析し、「どんなコトバが語られているか」あるいは「それがどんなコトバ(関連語)と共に語られているか」などといったことを時系列的に集計しているから、世の中で注目されているコトバが一目瞭然です。

 それらのコトバを何気なくタイトルに仕込んでおくだけで、閲覧数が飛躍的にアップ・・・となるかもしれません。もちろん、コトバに触発されてブログを書くキッカケになることもあるから、ときどき覗いてみてソンはなし。少なくとも、時代に取り残された浦島太郎的中高年になるのは避けられそうです。

『kizasi.jp』
http://kizasi.jp/

069_Kizasijp.jpg 
Webサイト『kizasi.jp』のトップページ。1131万1071人が書いた1億4901万5216エントリーから抽出されたコトバがランキングされて並んでいます。更新は約10分ごとだから、「今現在」のトレンドが一目瞭然。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | ブログの話題

2013年02月08日

ブログの話題(2) 今日と明日をつなぐネタのかけ橋『ネタりか』

 コトバのトレンドをチェックしたら、世間を賑わしているニュースをチェックしておきましょう。

 Webサイト 『ネタりか』は、大手の新聞社や放送局が報道しない「お蔵入り」的ニュースを集めているWebサイト。それらのニュースには人間味あふれるモノが多いから、井戸端会議の「ネタの元」にするのに最適です。

 ニュースを提供しているのは『デイリースポーツ』『日刊ゲンダイ』『はてなブックマークニュース』『アサ芸プラス』『日刊サイゾー』『独女通信』『オリコン』など充実の69社。

 ネタは「芸能」「大追跡」「ガジェット」「アニメ」「びっくり」「コラム」「写真」「ポピュラー」の6つのカテゴリに分けられ、時系列で並べられているので便利です。ブログの書き込みに煮詰まったときなど、気になる話題として参考にすれば、あとはスイスイとなるかもしれません。

 中でもユニークなのは、ニュースを読んだ人が「記事本文の気になった任意の場所」をマークすることができるところ。マーカーは5色から好きな色を選択、ほかの人がマークしたしたところに重ねてマーキング可能だから、世の中の人々が注目しているコトバや文章がすぐに分かります。

『ネタりか』
http://netallica.yahoo.co.jp/

070_ネタりか.jpg 
『ネタりか』のトップページ。ときどきリロードすると、ページ一新。思わず顔がゆるんでしまうようなネタが満載です。でも、中には速報的な一般ニュースも登場するから、ニュースサイトとして利用することもできます。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | ブログの話題

2013年02月09日

ブログの話題(3) 読んで笑って見て笑おう『コピぺ大辞典(仮)』

 頑固な筆不精でもブログなら比較的簡単に文章を書き込むことができます。たとえ悪筆でも、キーボード入力なら立派な明朝体やゴシック体で表示されるし、多くの方々からのレスにお返事することが楽しくなってくるからです。

 もちろん、文章が軽妙洒脱であることがなによりですが、ときにはイヤミになったり、難クセ調になったりすることがあるので要注意。

 そんなときは、Webサイト『コピペ大辞典(仮)』で頭を解きほぐしておきましょう。編集人「まるへそ太郎」さんは、『2ちゃんねる』の書き込みから面白うそうなコピペ(コピー&ペースト)ネタをまとめ上げて壮大な辞典にしています。

 匿名性の強い『2ちゃんねる』だからこそのネタが多いので、中には過激ネタや下ネタなどもありますが、内容はとても充実していて、お気楽文章の書き方のお手本にもなりそうだから、読まずにおくのはもったいない。多少のお下品さに目をつぶれば、ネタの宝庫だと思われます。

『コピペ大辞典(仮)』
http://mem2ch.web.fc2.com/archive/maruheso/codic/

071-01_コピペ大辞典top.jpg 
『コピペ大辞典(仮)』のトップページ。左側が五十音索引になっていて、気になる項目をクリックすると右側のスペースに内容が表示されます。「マターリ見る」の[codic.lzh]をクリックすると、大辞典の内容を圧縮したファイルをダウンロードすることができます。

071-02_コピペ大辞典.jpg 
【ら行】「練炭(れんたん)」の本文内容です。笑うに笑えない内容ですけど。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | ブログの話題

2013年02月10日

ブログの話題(4) AA(アスキーアート)で笑おう『人物大辞典(仮)』と『AA大辞典(仮)』

 昨日に続き、編集人「まるへそ太郎」さんが編纂した『人物大辞典(仮)』と『AA大辞典(仮)』です。『2ちゃんねる』に限らず、ネットに登場する面白可笑しのアスキーアートが大集合。

 最終更新日が2006年11月なのでタイムリーな人物などは掲載されていませんが、アスキーアートなら「文字」しか表示出来ないページで「絵」を表現することが出来るから効果絶大です。

『コピペ大辞典(仮)』同様、過激ネタや下ネタなどもありますが、笑って許せてしまうモノばかり。表現方法のひとつとしてアスキーアートを使ってみるのもいいかもしれません。

『人物大辞典(仮)』
http://infoseek_rip.g.ribbon.to/maruheso.at.infoseek.co.jp/zidic/index.html

072-01_人物大辞典.jpg 
【か行】「草野仁」のページです。『2ちゃんねる』に登場した作品ですが、ASCII(アスキー)文字だけで表現されているとは思えないほど立派なイラストです。写真には真似することができないリアリティがあります。

072-02_AA大辞典.jpg 
『AA大辞典(仮)』の[仮面ライダーアギコ]のページです。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | ブログの話題