2013年03月03日

パソコンで学ぼう(1) ご用心、ご用心『言葉の誤用』

 いろはかるた「いぬも歩けば棒に当たる」には2つの意味があります。受難必至の「犬が町中をウロウロ歩き回っていると、訳もなく、てんびん棒で叩かれたりすることもある」と、幸福遭遇の「何事も、コツコツやっていれば、思わぬ幸いに出会うこともある」。まったく正反対の意味ですが、どうやら原義は受難のほうらしく、幸福になったのは後世になってから。

 文化12年(1815年)に出版された『諺苑(げんえん)』(太田全斎撰)によると、「カセイデ事ヲスル者ハ禍ニ遭コトアリトノ喩ナリ」のほかに、欄外に「一説ニハ存ジヨラズ、ヨイメニ逢タルコトニモ用ルコトワザ也」と書かれているので、この頃にはすでに2つの意味を持っていたようです。ちなみに上方では「一寸先は闇の夜」。多分に刹那的で、こればかりは江戸のほうがボケていて味がありますね。

 そこで注目したいのがWebサイト『言葉の誤用』。誤用の種類を[言葉][意味][誤字][誤読][重複]の5つに分類し、いずれも正しい用法が簡単明瞭に解説されているから、文章作成の際の強〜い味方になること間違いありません。

『言葉の誤用』
http://starscafe.net/kotoba/misuse/

093-01_言葉.jpg 
『言葉の誤用』のトップページです。誤用の種類別に分けられた[INDEX]から辞書を引くように調べるか、あるいは[誤用検索]のボックスに文字を入力して直接検索します。

093-02_言葉.jpg 
「誤読にご用心」のページを眺めていると、これまで誤った読み方をしてきたことが多いことにア然としていまします。いまからでも遅くないので、しっかり眺めておきましょう。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | パソコンで学ぼう

2013年03月04日

【094】パソコンで学ぼう(2) 読んで楽しい『日本語を読むための漢字辞典』

 Webサイト『日本語を読むための漢字辞典』は、膨大な数の和製漢字を解説する『和製漢字の辞典』の作者が「過去・現在の日本においての漢字使用に重点を置いて、日本人が日本語としての漢字を読むための辞典」を目指して作成したもの。

 メインコンテンツである「和製漢字の小辞典」のほかに、さまざまな小辞典が掲載されていて、いずれも「調べる」だけでなく読み物としても充実した内容。真面目一本やりの辞典があるかと思えば、作者の強烈なアレンジが加えられた愉快な辞典があり、楽しみながら日本語の知識を深めることができる一石二鳥のお便利サイトです。

[和製漢字の小辞典]を筆頭に、以下のような辞典が掲載されています。

<掲載されている辞典>
[和製漢字の辞典 未定稿集][国字の定義][動物漢字の辞典][当用漢字・常用漢字新字体・簡化字ルーツの辞典][苗字大辞典」典拠の国字小辞典][難読・あて字・熟字訓の辞典][中学生にもわかる漢字豆知識][四字熟語の辞典][三字熟語・五字熟語の辞典][現代おもしろことわざ辞典][国字の世界、ネットに開く]など。

「日本語を読むための漢字辞典」
http://ksbookshelf.com/nozomu-oohara/

09401_
トップページ。この下方に、さまざまな辞典の名前が掲載されていて、クリックすれば該当辞典のページにジャンプすることができます。なお、青文字の[和製漢字の辞典]をクリックすると本家のページにジャンプします。

09403_
「現代おもしろことわざ辞典」のページ。「昔ながら」のことわざのほかに、「現代的」なことわざも豊富に掲載されているのが特徴。作者の独特のアレンジ風が見どころ。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | パソコンで学ぼう

2013年03月05日

パソコンで学ぼう(3) 『語源由来辞典』でなるほど!

 語源や由来を辞書形式で解説しているのがWebサイト『語源由来辞典』。

 掲載されている語彙は2660語。ふだんの何気なく口にする言葉にも、それぞれ由緒正しき意味があり、読んでいるうちに思わず「なるほど」となるのは必至だから開いて見る価値あり。このごろ退屈なテレビドラマを眺めているより、よっぽどインパクトが強いから飽きることはありません。

 調べ方は簡単で、[50音インデックス]のほか、[週間ランキング][月間ランキング][ピックアップキーワード]のいすれからでも語彙にジャンプ可能。

 語源由来を知ることで言葉遣いが激変するということはありませんが、「根拠のない誤った解釈」なども詳細に解説されているので、正しい言葉遣いを心がけるようになるし、なにより知らなかったコトを知るのはいい気分。遊び気分で眺めているうちに、自然に日本語に対する造詣を深めることができるのだからたまりません。

 小言のひとつでも云う際に語源由来を混ぜ込めば、長屋のご隠居風の威厳をチラつかせることだって可能です。でも「ご隠居風の威厳」って、結構、間抜けかもしれません。

『語源由来辞典』
http://gogen-allguide.com/

095-01_語源由来.jpg 
トップページ。右側の[50音インデックス]−「あ」から入れば、すべての項目を順に閲覧していくことができます。まるで、あらゆる事象に関わる短編集を読むような心地良さです。

095-02_語源由来.jpg 
「言語由来辞典 -あ-」の「あ-1」ページ。「青田売り」に「青田買い」、さらに「青田刈り」。おもしろそ。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | パソコンで学ぼう

2013年03月06日

パソコンで学ぼう(4) 熊五郎、八兵衛大活躍の『くろご式 ことわざ辞典』

「ことわざ辞典」ではあるのですが、「故事成語」「ことわざ」をお題にしながら物語仕立てで展開していくのがWebサイト『くろご式 ことわざ辞典』。

 舞台は、寛政11年(1799年)の神無月(10月)初旬ごろのお江戸。主人公「熊五郎」「八兵衛」が活躍する連載時代小説は、現在、通算346回目の「第43章の4」。物語に夢中になっていくにしたがって、お題である「故事成語」や「ことわざ」の知識が自然に身に付いていくという具合になっています。

 それだけではありません。物語中に登場する「青色文字の語句」をクリックすると、自動的に「くろご式 慣用句辞典」を参照して該当語句の意味を表示してくれるから便利。

 たとえば八兵衛の会話『別嬪(べっぴん)さんだねぇ。大家さんも隅に置けないねぇ・・・』の「別嬪」と「隅に置けない」は青色文字になっていて、意味を知りたいときはそれらをクリックするだけの簡単操作です。もちろん、物語を読むことに重きをおかず、独立した「ことわざ辞典」あるいは「慣用句辞典」としても利用することも可能です。

「くろご式 ことわざ辞典」
http://www.geocities.jp/tomomi965/index.html

096-01_ことわざ辞典.jpg 
トップページ。そんじょそこらの「ことわざ辞典」とは異なり、時代小説展開というのがユニーク。読み進むうちに自然に知識が身に付いてくる「一粒で二度美味しい」サイトです。

096-02_ことわざ辞典.jpg 
トップページの[登場人物一覧]をクリックすると表示されるページです。かなり多くの人物が登場するので驚いてしまいますが、[第1話]から読み進んでいけば、すんなり頭に入ってくるはずだからご心配なく。

096-03_ことわざ辞典.jpg 
物語中の「青文字の語句」をクリックすると表示される「くろこ式 慣用句辞典」です。もちろん、表示されるのはクリックした語句が登場するページ。IEの[戻る]ボタンを押せば、読みかけの物語に戻ることができます。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | パソコンで学ぼう

2013年03月07日

パソコンで学ぼう(5) 見ながら覚える『The Visual dictionary』

 たとえばリンゴ。発音は正確ではないにしろ、すぐに頭の中に「apple」が浮かび上がります。でも、リンゴの特徴である上部の「茎」を何と云うのかは判りません。果肉部分も同様です。だから、海外のネットで「リンゴでデザート作り」などを学ぼうとしても「基本的部位の名称」が判らないからチンプンカンプン。たかがapple、されどappleです。

 でもご安心。Webサイト『The Visual Dictionary』を利用すれば一挙に解決です。本来は子ども用「図解辞典」なのですが、すべての項目をイラストで表示し、さらに詳細な部位の名称と解説が掲載されているので、日本人の大人にも利用価値ありです。

 大きく分けられたカテゴリーは[Biology vegetal][Biology animal][Human body][Music][Transport][Clothing]の6つ。いずれもイラストを見ながらイメージで検索することができるので、目的の項目に達する時間はごくわずか。美しいイラストだから、本のページをめくるように項目を順に眺めていくのもいいし、カレンダーの図柄に利用するのもいいかもしれません。

 無味乾燥的な英単語もビジュアルとともに脳内を刺激すれば、楽しみながら学習可能です。なお[Hispanico]ボタンをクリックすると、すべてがスペイン語表記、 [Francais] ならフランス語表記に大変身です。

『The Visual dictionary』
http://www.infovisual.info/

097-01_The Visual Dictionary.jpg 
トップページ。検索は上段の[Seek image][Seach Word][List of Topics]、あるいは「Google」を使ったサイト内検索、さらに6つのカテゴリー、下段のアルファベットからでも可能です。

097-02_The Visual Dictionary.jpg 
「Volume1:Vegetal biology」の「FLESHY – WITH SEED(PIPS) APPLE」ページです。茎は「stalk」、果肉は「mesocarp of pulp」であることが判ります。下段の解説を読めば、さらに詳細が判ります。

097-03_The Visual Dictionary.jpg 
「List of Topics」から「Volume5:Transport」の「Anatomy of an automobile」を選択してみました。知っていそうで知らなかった単語が多いですね。この程度でも、外車のカタログを見る際には重宝しそうです。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | パソコンで学ぼう