2013年05月16日

パソコンで健康メンテ(01)  三角形が理想のバランス『栄養成分ナビゲーター』

 人間が生きていくのに欠かせない毎日の食事。無理やり口に入れられるものではなく、何を食べて何を食べないかは各人の自由だから、常に自己責任がともないます。

 銀シャリを食べ続けた結果、「脚気」患者が大量に発生してしまった江戸市中の例をあげるまでもなく、ある程度、栄養に関する知識を持っていないと、栄養バランスに欠けた食生活になりがち。

 見た目は現代人なのに、健康状態は江戸並みということになってしまうから要注意です。そこで初心に戻り、食品の栄養成分について勉強しておきましょう。

 Webサイト『【江崎グリコ】ホームページ』にある『栄養成分ナビゲーター』は、食事から得られる栄養成分をリアルタイムで計算してくれるサイト。

 食品の栄養成分は『日本食品標準成分表』などから調べなければならないのですが、「栄養成分ナビ」なら個々の食品の詳細な成分を瞬時に表示可能。三大栄養素である「たんぱく質(P)」「脂質(F)」「炭水化物(C)」の摂取状態を「PFCバランスグラフ」によって視覚化し、理想とのズレ具合を一目瞭然にしてくれます。

 さらに各栄養素の働きや、どのような食品に多く含有しているかなどの百科事典的なページも用意されているので、読み物としても充実しています。

『【江崎グリコ】ホームページ』
http://www.glico.co.jp/index.htm
※トップページです。

『栄養成分ナビゲーター』
http://www.glico.co.jp/menu_5.htm
※直接アクセスする場合です。

167-01_glico.jpg 
『栄養成分ナビゲーター』のページ。お菓子の会社ですが、健康に関するページも充実しています。

167-02_glico.jpg 
栄養計算をするときは[一般食品 index]をクリック、栄養に関する百科事典的な情報を読みたいときは[栄養成分百科]をクリック。[日本人の食事摂取基準]をクリックすると、年齢性別の詳細な摂取基準表が表示されます。

167-03_glico.jpg 
「一般食品 index」ページで[穀物]→【そば】の「干しそば-乾」、[肉類]→【にわとり】の「成鶏もも皮つき生」をチェック。「選択一覧」ページで、それぞれの摂取量を入力してみました。

167-04_glico.jpg 
[計算]ボタンをクリックすると詳細な「計算結果」が表示されます。さらに、結果ページの下方にある[PFCバランス診断]ボタンをクリックすると、「PFCバランスグラフ」が表示されます。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | パソコンで健康メンテ

2013年05月17日

パソコンで健康メンテ(02)  健康料理で食欲増進『ともみの健康栄養料理』

 実際のお料理です。いくら食材の栄養バランスが良くても、料理が不出来では食欲がわかなくなってしまうから「何をどのようにつくるか」は重要。そんなときに重宝するのがWebサイト『ともみの健康栄養料理』。

 管理栄養士であり、おまけに健康運動指導士、さらにお料理上手でもある方がサイト主だから、とても頼りがいがありそう。

 特徴は、お料理雑誌のような「食材別」のお料理案内ではなく、「おすすめ別」のお料理案内であること。つまり、身体の症状などに合わせた「お料理の処方箋」です。

 トップページの[お薦め健康料理100選]をクリックすると、「おすすめ別」の目次が表示されます。

 内容は「スポーツをしている人」「疲れている人」「子供」「美容効果」「ビジネスマン」の5つ。

[疲れた人におすすめ料理]→「疲れた人の料理」の解説では、「もち米は体力をつけ体を温め、甘味が疲れた体をいやしてくれる。食欲が無くても、もち米と焼き豚や筍、椎茸でつくる<中華ちまき>等の様な具だくさんの主食を食べるようにすると良い」とあります。<中華ちまき>の部分をクリックすると、さらに詳細な解説とレシピ、作り方のページにジャンプ。

 症状から探っていけば、処方箋であるお料理に簡単に到達。ただし、ご指示どおりにお料理しても「絶対に美味しい」とはならないこともあるので要注意です。

『ともみの健康栄養料理』
http://www.geocities.jp/tomoisshi/

168-01_Tomoni.jpg 
トップページ。 [お薦め健康料理100選]をクリックすれば、症状ごとに別けられた分けた「おすすめ料理」の案内が満載。

168-02_Tomoni.jpg 
ずらりと並んだ料理。アンダーラインの青文字表示の料理名をクリックすると、調理法が表示されます。

168-03_Tomoni.jpg 
「疲れた人におすすめ料理」→「疲れた人の料理」の<中華ちまき>をクリック。専門用語が少なく平易な文章なので、気負うことなく読み進むことができます。読んでいるうちに、食べたくなってきます。

168-04_Tomoni.jpg 
「レシピ」と「作り方」の解説。かなり本格的な<中華ちまき>です。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | パソコンで健康メンテ

2013年05月18日

パソコンで健康メンテ(03)  『ozrecipe 私のレシピ集 システム手帳印刷』で合理的食生活

『ozrecipe 私のレシピ集 システム手帳印刷』(フリーソフト)に収録されているレシピは、なんと900件あまり。とりあえず[今日のおかずは何にする?]ボタンをクリックし、「主材料」「食べたい材料」「冷蔵庫に余っている材料」などを選択して[何食べたい?]ボタンをクリックすれば、あっという間に料理6品のレシピが表示されます。

 それじゃ足りないと思ったら、さらに[他のおかずを表示する?]ボタンをクリック。瞬時に、新たな料理6品のレシピが登場です。

 収録されているレシピを作成したのは、お料理好きのネットユーザー。だから専門家がつくる「カネに糸目をつけない凝った料理」はないものの、「地方色豊かなお気楽料理」ばかりだからうれしい限り。

 たとえば「ごはん」で登場する「バターライス」は、隠れた逸品。とくに応用編の「炊きたてご飯の真ん中に穴をあけて、バターを入れて、その穴を、ご飯で塞いで、その上から醤油を一回し」する『バター醤油ご飯』は、食にうるさい方でも病み付きになること必至です。

 当然ながら、自作料理やネットなどで見つけた料理などのレシピを新規レシピファイルとして登録することが出来るから、レシピ集としての発展の余地あり。

 ソフト名に「システム手帳印刷」とあるように、システム手帳用印刷用紙に直接印刷することが可能だから、これを機にシステム手帳を復活させてもいいかもしれません。

『ozrecipe 私のレシピ集 システム手帳印刷』
http://www.vector.co.jp/soft/win95/home/se211386.html

169-01_ozrecipe.jpg 
起動画面。900件あまりのレシピは、いずれも美味しそうなモノばかり。すべてを食したくなりますが、とりあえず[今日のおかずは何にする?]ボタンをクリック。

169-02_ozrecipe.jpg 
[今日のおかずは何にする?]ボタンをクリックすると「検索」ダイアログが登場。で、「主菜」「肉」「牛」を選択して[何食べたい?]ボタンをクリックです。残念ながら右側の「国籍」「手間」「費用」などを選択すると、サンプルレシピでは『該当するレシピは見つかりませんでした』となります。

169-03_ozrecipe.jpg 
「主菜」「ひき肉」条件で検索された料理6品。青色表示の料理名をクリックすると、さらに詳しい「作り方」が表示されます。[他のおかずを表示する?]ボタンをクリックすると、さらに新しい料理6品が出現することになります。

169-04_ozrecipe.jpg 
気になる「ベーコーンチーズ丼」の詳しい「作り方」を見てみました。想像していたモノとは異なり、とても簡単な料理でした。これだけ簡単だと、システム手帳用印刷用紙に印刷する必要はないかも。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | パソコンで健康メンテ

2013年05月19日

パソコンで健康メンテ(04) 野菜と果物ならおまかせ『やさいとくだもの 2011年版 食べたい野菜と果物522種』

『やさいとくだもの 2011年版 食べたい野菜と果物522種』はPDF形式のファイル。内容は、タイトルどおり522種類(全578ページ)にも及ぶ野菜と果物に関する解説がびっしり。品種(原産地、特性)説明のほか、入荷量のグラフやカラー写真、食べ方などで構成されているから見応え十分です。

 PDF形式のファイルなので、ブラウザーで自動的に起動された「Acrobat Reader」にファイル内容が表示されます。すべてが表示されたあとでファイル内容を[保存]しておけば、以降は閲覧自由自在。

『やさいとくだもの 2011年版 食べたい野菜と果物522種』
http://www.vector.co.jp/soft/win95/home/se491642.html

170-01_やさいとくだもの.jpg 
野菜果物なんでもござれファイル『やさいとくだもの 2011年版 食べたい野菜と果物522種』をダウンロードすると、ブラウザ内で「Acrobat Reader」が自動起動し、ファイル内容が表示されます。

170-02_やさいとくだもの.jpg 
「サラダナ(サラダ菜)」のページ。ビタミンAがレタスの約10倍含まれているらしい。知らなんだ。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | パソコンで健康メンテ

2013年05月20日

パソコンで健康メンテ(05)  あらゆる野菜が登場する『独立行政法人 農畜産業振興機構』

 いつまでも元気で生きていくには、つねに充実した食生活を心がけねばなりません。もちろん、充実とは美味しいものをお腹いっぱいに食べることではなく、栄養バランスのとれた食事内容であることが肝心。

 でも「ねばならぬ」が前提となると、なんだか味気なく、まるで配合飼料を食しているような気分になってしまうのも事実。そんなときはWebサイト『独立行政法人 農畜産業振興機構』の「野菜(VEGETABLES)」ページを訪れてみましょう。

 注目したいのは<野菜に関する知識(消費者向け情報)>。[野菜ブック][野菜マップ][ベジシャス][おすすめ野菜]に加え、過去に掲載されていた[野菜図鑑][四季の野菜][美しく育てておいしう食べよう][やさいのひみつ][野菜のレシピ][野菜の栄養]など見どころ満載。

 人参、玉葱、馬鈴薯、大根など、八百屋さんで売られているさまざまな野菜の身上をはじめ、「いつ」「どこで」「どれだけ」収穫されるのか、あるいは栄養の「種類」「含有量」などといった情報が画像やイラストとともに懇切丁寧に解説されていて、おまけに簡単な料理レシピまで掲載されています。

 中でも[野菜ブック]は秀逸。平成17年にスタートした「栄養教諭制度」をふまえ、学校栄養士を対象に野菜に関する食育活動の参考書として作成されているので実に充実した内容。個々の野菜の身上をはじめ、消費に至るまでの道筋など、豊富な写真とイラストを使って至れり尽くせりの解説です。電子ブック形式で閲覧できるだけでなく、各項目をファイル(PDF形式)でダウンロードすることも可能です。

『独立行政法人 農畜産業振興機構』
http://www.alic.go.jp/

171-01_alic.jpg 
独立行政法人 農畜産業振興機構が運営するHPです。[野菜(VEGETABLES)]をクリックしましょう。

171-02_alic.jpg 
『2012年版 野菜ブック』のページ。[2012年版 野菜ブック【PDF版】]は、項目ごとのPDFファイルをダウンロードします。一方の[2012年版 野菜ブック【電子ブック版】]は、ブラウザ上で電子ブックが表示されます。

171-03_alic.jpg 
ブラウザ上で表示された電子ブック『2012年版 野菜ブック』。印刷すれば小冊子になります。

171-04_alic.jpg 
「ベジ探」ページです。八百屋の店頭に並んでいる野菜なら、ほとんどすべてを網羅。詳細な情報を得ることができます。

171-05_alic.jpg 
[ベジ探]で「キャベツの主要産地」を調べてみました。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | パソコンで健康メンテ