2013年10月11日

リアルタイムでお天気情報(01) 防災情報提供センター「TOPページ」

 貴方を待つと雨が降っちゃう有楽町、小ぬか雨なら御堂筋、どに行ったかしらないけれど、たどり着いたらいつも雨降りで、利休鼠の雨が降るのは城ヶ島、長崎は今日も雨だったそうで、それでもって雨が止んだらお別れしましょう・・・となるから雨はあなどれない。

 で、注目したいのがWebサイト『国土交通省 防災情報提供センター』。それによると「国土交通省が保有する防災情報を集約して、わかりやすく提供」してくれるそうだから、利用しなきゃソン。

<防災情報提供センター 国土交通省>

http://www.mlit.go.jp/saigai/bosaijoho/

225_防災情報提供センター.jpg 
防災情報提供センターのトップページ。全国津々浦々、防災に関する「ほぼリアルタイム」の情報がたっぷり。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | リアルタイムでお天気情報

2013年10月12日

リアルタイムでお天気情報(02) 防災情報提供センター「リアルタイム雨量」

 ついこの間まで貯水池に水がないと大騒ぎだったのに、今では水の脅威に脅かされ、公民館に避難勧告が出る始末だから、どうしたって自然の摂理には太刀打ちできやしません。

 というわけで、雨に刃向かうのではなく、雨にお伺いをたててみることにしましょう。

『国土交通省 防災情報提供センター』には、「リアルタイム雨量」「リアルタイム雨量(広域版)」「リアルタイムレーダー」の情報が掲載されていて、いずれも10分ほど前の降雨量を地図上に表示。それを眺めているだけで、以降の降雨状態を推測することができるようになっています。

 基本的には「いつ」「どこで」「どれだけ降ったか」をチェックするシステムなので、水害の恐れのある地域に住む方々にとっては実に有益な情報。

 要するに「ほぼリアルタイム」の情報なので、その後の成り行きが容易に把握できるから、自分自身で危機を察知することができるというわけ。役所だけに防災を任せてはおけません。


<防災情報提供センター リアルタイム雨量 地方選択>
http://www.river.go.jp/03/nrpc0301g_bosai.html

<防災情報提供センター リアルタイム雨量(広域版)/リアルタイムレーダー>
http://www.jma.go.jp/jp/contents/index.html

226-01_リアルタイム雨量_東京都西部.jpg 
「リアルタイム雨量」では、地域を絞って地図を表示させることが可能。

226-02_リアルタイムレーダー.jpg 
「リアルタイムレーダー」。過去にさかのぼって表示させることができるので、雨雲の流れ方は一目瞭然。流れ方が判ると、一寸先の雨模様具合も把握可能です

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | リアルタイムでお天気情報

2013年10月13日

リアルタイムでお天気情報(03) 東京都下水道局「東京アメッシュ」

 ほぼリアルタイムで東京を中心とした降雨情報をネット配信。

 東京近隣の自治体の降雨情報を取り入れているので「降雨情報の広域化及び精度向上」、さらに「降雨の強度を8段階に区別」して情報のきめ細かさも図られています。

 気象レーダーからの情報配信、あるいは得られる情報という点では「国土交通省 防災情報提供センター」と同じですが、対象地域は東京近郊限定。

 降雨量の表現方法や操作性が異なるので、該当地域にお住みの方は使いやすいほうを利用するといいかも。

 この時期は台風による水の事故も多いので、「東京メッシュ」をチェックするクセをつけておきたいものです。

<東京都下水道局公式ホームページ>
http://www.gesui.metro.tokyo.jp/

<東京アメッシュ>※直接アクセスする場合。
http://tokyo-ame.jwa.or.jp/

227-01_東京都水道局.jpg 
「東京都下水道局」のトップページ。左側[東京の街を雨から守る 東京アメッシュ]部分をクリックすると「東京アメッシュ」のページにジャンプします。ついでに[下水道 昔の風景]や[キッズ下水道]なども覗いておきましょう。

227-02_東京都水道局.jpg 
最初は全域表示。左側上部の[多摩西部][多摩北部][多摩南部][23区西部][23区東部]のいずれかをクリックすると、該当地域がクローズアップされます。過去、120分前までさかのぼって表示させたり、変化を連続的に[再生]させることが可能です。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | リアルタイムでお天気情報

2013年10月14日

リアルタイムでお天気情報(04) 大阪管区気象台「オークレーダ降雨情報」

 大阪管区気象台発表。大坂を中心とした関西地方の降雨情報を配信しています。

「オークレーダの観測データ」と「国土交通省近畿地方整備局に設置されたレーダーの観測データ」を合成しているから、高精度が期待出来ます。

 降雨情報サイトの多くは、「リアルな地図」「詳細な色分け」「立派なアイコン」が表示されることが多いのですが、こちらは質実剛健。構成も地図もシンプルだから、見やすさバツグン。

<大阪市降雨情報>
http://www.ame.city.osaka.lg.jp/pweb/

<オークレーダの観測結果携帯電話用ページ>
http://www.ame.city.osaka.lg.jp/mweb/
※オークレーダ観測結果(携帯用)は5分ごとに更新。

228-01_大阪市降雨情報.jpg 
最初に表示されるのは<近畿域>。「履歴再生機能」を使えば、過去120分の観測結果を確認することが出来ます。

228-02_大阪市降雨情報.jpg 
▲表示範囲選択を<大阪市域>にしてみました。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | リアルタイムでお天気情報

2013年10月15日

リアルタイムでお天気情報(05) 「北の大地」の隅々を眺める

 北海道の各地に設置されたライブカメラを通し、「北の大地」の表情を実況中継してくれるのがWebサイト『STV札幌テレビ放送』の「ライブカメラ」。

 テレビでお馴染みの「お天気カメラ」とは異なり、特定の時間間隔ごとに画像更新する方式です。

 各地のライブカメラに接続すると「現在の映像」が映し出されますが、過去24時間以内なら、さかのぼって表示させることも可能です。

<STV札幌テレビ放送 ライブカメラ>
http://www.stv.ne.jp/webcam/list/index.html

229-01_北海道STV.jpg 
ライブカメラのページです。道内24箇所に設置されたライブカメラの映像を一覧表示。見たい映像をクリックすれば、即座に現地にジャンプ。

229-02_北海道STV_函館山.jpg 
STVテレビ函館送信所(函館山/標高334メートル)に設置されたパノラマカメラからの映像。3分ごとに自動更新されます。[拡大地図を表示]をクリックすると地図が表示され、カメラが設置されている場所と撮影範囲がひと目で判るようになっています。

229-03_北海道STV_根室.jpg 
根室・花咲港に設置されたパノラマカメラの映像。3分ごとに自動更新です。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | リアルタイムでお天気情報